在宅スタッフ、外部スタッフ、在宅ライター、在宅ワークをご希望の方は、コラム作成.comに。

在宅スタッフのお仕事

私が在宅スタッフを選んだ理由

私が「ライター」として仕事を始めたいと思ったときに、まず一番初めに考えたことは、「専業ライター」になるのか?それとも「副業ライター」を選ぶのかということでした。

私のイメージでは、「専門的な知識が豊富」で「高度な文書作成能力、構成力」を持った人=「専業ライター」だったので、「専業ライター」にいきなり挑むことはとても敷居が高い行為に思えました。そもそも、私には本業の仕事があり、その片手間に、なるべく手軽なライター業を始めたいと考えていたので、「専業ライター」の選択肢は捨てることにしました。

そこで「副業ライター」です。「副業ライター」の仕事は、まず種類が豊富です。しかも仕事の難易度が、ブログやメールをやっていた人なら簡単に始めることができる程度のものから、専業ライターの様に高度で難しそうなものまで幅が広く、それぞれ仕事に見合った報酬額がもらえる仕組みだったので、手軽にライター業を始めてみたいと考えていた私にはピッタリでした。

「副業ライター」の仕事は簡単な審査さえ通れば、それまでの実績については全く問われない仕事が多く存在します。私のようにブログやメールを書いたことがある方ならば、副業ライターの仕事を抵抗なく始めることができると思います。

「手軽に」ライターの第一歩を踏み出したいという思いこそが、私が副業ライターを選んだ理由なのです。